3回目でやっと宅建に合格した管理人の受験体験談

3回目でやっと宅建に合格した管理人の受験体験談

管理人である自分の宅建試験の体験談(というか失敗談)を書こうと思います。

僕は30代の会社員で、実家が不動産会社です。

学生時代からずっと家業を継ぐということを意識的に避けてきましたが、社会経験を積むに連れ、小さいながらも会社を経営するというスゴさみたいなものを感じ始めてきました。

「自分の家が会社を営んでいるというのは、実はものすごくラッキーなのではないか。」と思い始めました。

継ぐ継がないはともかく、会社を潰さないように、継ぐ資格だけは保持しておこうと思い、宅建を受験することを決めました。


宅建の試験に関しては、宅建資格を持ってる人も周りにチラホラいて、みんな簡単だって言うし、まあ大丈夫だろうと高をくくっていました。


ところが、


思った以上に宅建試験は手ごわく、僕は3回目の受験でようやく合格することができました。

まさか、3回も受験する羽目になるとは思いもしませんでした。

子どもが生まれたり、仕事が忙しかったりして勉強時間が取れなかった、とかいろいろ言い訳はありますが、とにかく思ってた以上に時間がかかりました。

2回目の試験で落ちた時は、さすがに凹みました。。


この文章を見てくださっている方の中には、その手ごわさみたいなものについて、きっと同じ感覚を抱いている方がいらっしゃると思います。

1点が、重たいんですよね。


家が田舎なので、LECやTACなどの学校が近くにありませんでしたので、通うことはできません。

独学か、通信講座を利用するか、どちらかしかなかったわけですが、僕は独学を選びました。

使ったテキストは、「らくらく宅建塾」「出る順」「DS宅建」「iPod宅建」などです。


今思うに、こんなに時間がかかるんだったら、通信講座にしておけばよかったかな、と思います。

宅建試験は1年に1回しかなく、受ける人数も毎年膨大です。


経験上、1点2点の差で2回も試験に落ちると、けっこうキツいです。

もし宅建再受験で確実に合格しておきたいという人は、独学でなく、通信講座がいいと思います。

通信講座だとお金はかかりますが、結局これが一番近道な気がします。

「時間を買う」みたいな概念ですね。


おすすめの通信講座は、やはりLECです。

教材もとても評価が高いです。

僕も使ってました。

講師も有名な方がいるので、安心です。

これ以上、時間を無駄にしたくないという人は、ぜひ検討してみてください。

LECの宅建講座はこちら >>

posted by 宅建リベンジ at 16:37 | 宅建 再受験組の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建試験に不合格だった原因はこれだ!

宅建試験に不合格だった原因はこれだ!

宅建試験は、国家資格としてはそれほど難しい部類に入る試験ではなく、過去問をやっておけば、なんとなく合格するだろうという風に思われがちですが、よく考えてみると、受験者の約8割が不合格になるという厳しい試験です。

だから、不合格となった原因をしっかりと突き止めておかないと、次回も知らず知らずのうちに、また同じ過ちをしてしまうかもしれません。

まずは、不合格となった原因を絞り込み、そこから「自分に適した勉強方法を見つける」ことが大事です。

自分が不合格になった原因、もう一度振り返ってみましょう。

■試験時間が足りなかった。
■民法で難しい問題があって、つまづいてしまった。
■4問全部が正解に思えてしまい、混乱してしまった。
■2問まで絞り込んだけど、そこから先が絞り込めず、迷った挙句、間違いのほうを選んでしまった。
■建築基準法などに出てくる数字をド忘れしてしまった。
■判例などの長文の問題で焦ってしまい、ムダに時間を使ってしまった。
■大事なところが、全然思い出せなかった。
■独学で、最後まで勉強のスタイルに迷って、本番を迎えてしまった。
■通信講座で、不明な点があっても、とりあえず進めてしまった。


どうです?
あなたも当てはまることがあるでしょう。
悔しい気持ちが蘇ってきませんか?

では、次のようなことができたら問題が解決しますよね。

■基礎の問題は1分で回答。
■難問・長文問題は2分で回答。
■全問題を90分で回答。見直し時間もたっぷり。
■過去問から得たポイントで、しっかり回答。


宅建の本試験でこういう状態を作り出すためには、どういう方法が最適なのかをしっかりと考え抜きましょう。

もう悔しい思いは今年で終わりにしましょう。

宅建不合格から再受験を目指す方におすすめの講座


posted by 宅建リベンジ at 14:03 | 宅建 再受験組の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建リベンジ組の勉強時間、学習時間について

宅建リベンジ組の勉強時間、学習時間について

宅建を再受験しようとする際、いつ頃から勉強を開始すればいいのでしょう?

合格発表を見て、せっかくがんばって勉強してきたのに、不合格だとものすごいショックです。

しかし、この不合格がわかった瞬間というのは、次年度の宅建試験に向けてモチベーションが高まっている時期ともいえます。

かといって、試験後すぐに勉強を開始するというのも、あまり効率的ではありません。

宅建の必要勉強時間としては、一般的に、期間では3ヶ月〜半年、時間では200〜300時間ということが言われます。

ですので、一度、合格レベルまで引き上げたのであれば、1年前から学習を開始する必要はありません。

例えば、本試験の点数が10〜20点台だった人は、もう一度基礎を徹底的に勉強するために、半年前の4月から基本書から勉強を開始する、とか、あるいは、本試験が30点台で、もう少しで合格だったという人は、基礎力を再確認しつつ、過去問演習を7月ぐらいからやり始める、とか、自分の実力を把握しながら、しっかりと合格までの計画を立てましょう。

せっかくついた勉強癖をキープしたいという人は、宅建と相性のよい資格をダブル取得するという方法がおすすめです。

posted by 宅建リベンジ at 10:48 | 宅建 再受験組の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。