宅建の試験時期・合格発表時期

宅建の試験時期・合格発表時期

宅建試験の試験時期、合格発表時期は以下の通りです。

■試験時期

10月の第3日曜日(年1回)

■合格発表時期

11月下旬〜12月上旬

・H23 … 平成23年11月30日(水)
・H22 … 平成22年12月1日(水)
・H21 … 平成21年12月2日(水)
・H20 … 平成20年12月3日(水)

【宅建 合格率・合格ラインの最新記事】
posted by 宅建リベンジ at 10:47 | 宅建 合格率・合格ライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建試験の合格ライン、合格率、受験者数、合格者数

宅建試験の合格ライン、合格率、受験者数、合格者数

宅建試験の合格ライン、合格率、受験者数、合格者数は以下の通りです。

■合格ライン

合格ラインは、最近3年間で33点〜36点です。
H22とH23が36点と高いです。

こうなると、今後は80%(40点)を確実に取れる勉強が必要になってきますね。

・H23 … 36点
・H22 … 36点
・H21 … 33点
・H20 … 33点
・H19 … 35点

■合格率

合格率は、最近3年間の数字を見ると、15〜17%前後となっています。
H22の合格率が急に下がっています。

・H23 … 16.1%
・H22 … 15.2%
・H21 … 17.9%
・H20 … 16.2%
・H19 … 17.3%

■受験者数

受験者数は、最近の数字を見ると、減少傾向にあります。

・H23 … 188,523人
・H22 … 186,542人
・H21 … 195,515人
・H20 … 209,415人
・H19 … 209,684人

■合格者数

・H23 … 30,391人
・H22 … 28,311人
・H21 … 34,918人
・H20 … 33,946人
・H19 … 36,203人



posted by 宅建リベンジ at 10:46 | 宅建 合格率・合格ライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建再受験組にはダブルライセンスがおすすめ!

宅建再受験組にはダブルライセンスがおすすめ!

宅建の合格発表や合格ラインを見て、自分の不合格を知った時、とても悔しい気持ちになります。

家族など周りの人たちに協力してもらったのに、合格できなかった自分の不甲斐なさが、胸に突き刺さります。

しかし、心の奥底からムクムクと「絶対に合格したい!!!」という強いモチベーションが湧き上がってくるのも事実です。

そのモチベーションを、来年の10月までキープできれば最高ですが、人間は時間の経過とともに忘れていく生き物ですから、なかなか難しいです。

宅建の勉強自体も、1年前からやらなくても大丈夫ですしね。

しかし、せっかく身に付いた勉強癖をキープしたい。

そう思う人も多いと思います。

そこで、宅建の再受験組におすすめなのが、次の宅建試験までに、宅建と相性のよい資格を取得することです。

いわゆるダブル資格・ダブルライセンスですね。

FP、インテリアコーディネーター、マンション管理士、管理業務主任者、福祉住環境コーディネーターなどが、宅建の関連資格としておすすめです。

これらの資格は、宅建の試験範囲とも重なる部分があるので、理解が深まるという意味で、まったくムダになりません。


 ■10月 宅建不合格
   ↓
 ■1月 FP3級
   ↓
 ■5月 FP2級
   ↓
 ■10月 宅建 再受験
   ↓
 ■11月 マンション管理士
   ↓
 ■12月 管理業務主任者


というようなスケジュールだと、落ち込んでいる暇がないですし、次の宅建試験まで勉強癖をキープできます。

細かく目標を設定できますので、モチベーションの維持という面でもプラスの効果を及ぼすと思います。

宅建とのダブルライセンス、資格取得後の業務の幅が広がるという意味でも、断然おすすめです。

posted by 宅建リベンジ at 10:45 | 宅建 ダブルライセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。